Travel Dairy Site......
Index
−ハワイで過ごすお正月!− 
カウアイ・オアフ島個人手配旅行

 

項目

内容

項目

内容

目的地

カウアイ&オアフ島

宿泊ホテル

シェラトンカウアイ&ワイキキゲ-トウェイ

旅行日程

1998年12/25〜1999年1/2

利用航空会社

ノ-スウエスト&アロハ航空

旅行形態

個人手配旅行

総費用

約45万円(2人分)



<1日目>

PM2:50に予約していたはずのタクシ−が来ない。「も−まったくど−なっているんだ」と言いながら、仕方なく大通りまで重たい荷物をひきずりながら歩くことに・・・・。 ようやく関西国際空港にたどりつき、いよいよハワイ旅行が始まると思うと気分はウキウキ!!PM6:50発のノ−スウエストに乗り 込むとビックリ!何とビジネスシ−トが私たちを待っていてくれたとは・・・。幸先の良い?スタ−トに心弾む一時でした。 ん〜ラッキ−!


<2日目>

ホノルル国際空港到着後、直にアロハ航空のチェックインカウンタ−へ。スム−ズに入国審査が済んだ為、予定より1 便早い飛行機でカウアイ島へ。カウアイ島ではレンタカ−を借り、宿泊地ポイプへ向けてLet’go!地図を片手にドライブしたが、迷うことなく早々に ホテルに着いてしまった。時計に目をやると、まだAM10:30。早すぎるとつぶやきながら、フロントへ。荷物だけでも預かってもらおうと行ったのだが、その ままチェックイン。ラッキ−に次ぐラッキ−!部屋に入るや否や近隣のゴルフ場に連絡を入れ、午後からプレイしたことは、言うまでもありません。時差がなんだ−! 持ち前の精神力でガンバリました。


<3日目>

昨夜の夕食はル−ムサ−ビスのハンバ−ガ−。たかがハンバ−ガ−なのにテ−ブルクロスまで持って来てくれるとは。昨日はクリスマスとあってホテルのレストランは超満員。予約ナシでは、入られない状況だったため、やむを得ず高いル−ムサ−ビスにしたのです。皆さんもクリスマスに行くときは、レストランの予約をわす れないよう、気をつけてネ。午後からポイプベイゴルフコ−スでゴルフプレ イ。同コ−スは先日、タイガ−ウッズがプレイしたト−ナメントコ−ス。自ずと気合が入ると言うもの。8番ホ−ル、グリ−ン手前30ヤ−ド地点からのアプロ−チショットには驚いた。乗用カ −ト を誘導するカ−トパスの看板に無情にもあたり、球がグリ−ン の反対方向に飛んでいるではないか!これには、一緒 にラウンドしていた外人?さんもビックリでした。


<4日目>

本日は、ゴルフ2ラウンドプレイの日。車で約30分のカウアイラグ−ンコ−スに・・・。AM6:30分に到着して直ぐにチェックインを済ませると、ドライビングレンジで今日の調子を確認する。ん−悪くない・・・。このゴルフコ−スには、ラグ−ンコ−スとキエレコ−スの2つのコ−スがある。私たちは両方のコ−スでプレイをやりたかったので、朝も明けきれないうちからポイプを出発して来たのです。1ラウンドを無事終了し、次のティ−オフを待っていた時に「日本の方ですか?」と声をかけられ、振り向くと、品の良さそうなオバさんが・・・。その 品の良さそうなオバさんと話をしているとビックリ!何と7泊9日の日程中に13ラウンドゴルフをすると言うの だから。驚くのも束の間、午後から一緒にプレイをした日本人夫婦も7泊9日で12ラウンドすると言うから、もう脱帽。私たちもゴルフ好きだと思っていたが、上には上がいるなぁ−とつくづく思い知らされた1日でした。


<5日目>

せっかくカウアイ島に来たのだからと、今日は1日カウアイ観光をしようと言うことに・・・。
まず、最初に向かったのは、潮吹きの穴。波が寄せてくると海岸の岩場から潮が空に向かって吹き上がってくる。まぁ−見学には15分で十分。次に向かったのは、余りにも有名なシダの洞窟。シダの洞窟へは遊覧船に乗船して、行かなければならない。約30分の船旅は、心地よい生演奏のハワイアンを聞きながらの乗船な ので、気分は最高です。神秘的なシダの洞窟は、お勧めのスポット。カウアイ島に行かれたなら是非、観光し て下さい!最後に向かった先は、ワイメア渓谷。ワイメア渓谷へは、車で約1時間30分かかり ましたが、見るのには時間がかかりませんので悪しからず・・・。何わともあれ、レンタカ−フル活用の1日でした。


<6日目>

今日はホノルルへの移動日。AM10:20の飛行機でホノルル国際空港へ。カウアイ島で事前に予約していたシャトルバスに乗ってホテルに向かうはずだったが、バスが来ない!クレ−ムの電話をAPSシャトルに入れると、予約が入ってないとの返答。これにはさすがにまいった。予約の際、何度も日時を伝え、確認したのに「どうしてだ!」と思わず怒鳴る。10分で迎いに行きますとのことだったので仕方なく待つこと・・・。30分経っても来ない。怒りがふつふつと込み上げ、ふと気がつくと電話の受話器を握りしめていた。この後の電話での攻防はご想像におまかせします。ようやくシャトルバスに乗り込みワイキキのホテルへ到着したのは既にお昼をまわっていた。シャトルバスの料金1人$6をドライバ−に手渡すと$2足りないと言うではないか? (ドライバ−曰くコ−ル料だと・・・)そんなバカな話があるか!怒りの闘志に火をつけようとしたが、先程のラウンドでもう怒る気力さえなくなっており、言われるがままに$2を支払い、ホテルの部屋で疲れた体と心をリフレッシュ。


<7日目>

本日は、ワイケレゴルフ2ラウンドプレイの日。1ラウンド目は、東京から来たという2人連れの男性と一緒にラウンド。2人のうち1人の方は、ゴルフを始めたばかりのようで、ほとんど打ったボ−ルはチョロ。おかげでこちらのリズムは狂いに狂い、ボロボロのラウンドとなってしまった。何とか無事に1ラウンドを終え、クラブハウスに次のラウンドのチェックイン手続きに行くと、何処かで見たような人が。あ〜藤田まことだ!奥さんと仲間でゴルフを楽しみに来たらしい! さすが、年末のハワイ。芸能人と初めて会った日でした。


<8日目>

先着200名に$20の金券をプレゼントするというのでDFSへ。AM8:40に着いた時点で、200名以上が並んでいる。まぁ−ダメもとで並んでみると、$20金券GET。結局、並んだ全員が金券を手にしたようだ。
本日の目的はパ−ルリッチショッピングセンタ−への買物。パ−ルリッチショッピングセンタ−は広大な敷地 面積があり、移動にはモノレ−ルを利用する。お馴染みのフットロッカ−やクレ−ジ−シャツなどのお店が軒 をつられているが、ここ しかないと言うお店が特にある訳でも無い。また、クレ−ジ−シャツならワイキキに あるアウトレット店へ行った方が断然安く買えるので、わざわざここに来る必要性はないように感じた。
今日は日本でいう大晦日。新年に向けてのカウントダウンに参加する為、ホテルで一休み。夜からカラカウ ア通りへ出かけてみると、清水圭夫妻が子供を連れて歩いてくるではないか。奥様の香坂みゆきさんは大 変奇麗でしたよ。PM11:30、カウントダウン参加の為、シェラトンワイキキホテルへ。バ−では大勢の人々 が新年を祝おうと盛り上がっている。いよいよカウントダウン開始「10、9、・・・1」。ワイキキビ−チに色とり どりの花火が打ち上げられ、いたる所でAHAPPY NEW YEARの声・・・。ハワイのカウントダウンも悪く ないが、ラスベガスの方がもっと盛り上がる。少し考えていたよりさびしい年明けでした。  


<9日目>

楽しかったハワイ旅行も今日で終わり。AM7:00に予約していた車がまたもや来ない!タイガ−ツア−に電話を入れると、本当かウソか事故に会い迎えに行けなくなったとのこと。もう、慣れっ子。「あ〜そう」と電話を切り、直ぐにホテルのフロントからタクシ−を手配してもらい、無事ホノルル国際空港へ。最後の最後まで移動時の車の手配ではトラブル続きでしたが、これも旅の思い出になると。ハワイを後にしたのです。
最後にアドバイスとして、個人旅行にはトラブルはつきものと考え、時間には余裕をもって行動しよう。