Dairy Photo......
 
NWのビジネスシ−ト

これがノ−スウェスト ビジネスクラスの日本料理。見栄えも良く、ボリュ−ム、味とも申し分無く、大変美味しくいただきました。何より嬉しいのが座席が広く、ゆったりと座れること。ハワイまでの約8時間の空の旅、快適に過ごすことができました。本来、エコノミ−クラスで行くはずだった私たちにとっては、まさに棚からボタ餅という感じ。ラッキ−でした。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
シェラトンカウアイホテル

カウアイ島を直撃したハリケ−ンの影響で長い期間、休業していたシェラトンカウアイホテルもようやくリニュ−アルオ−プン。かなりのダメ−ジがあったと聞いていたが、ホテルは完全に修復されており、大勢のゲストで大変なにぎわいでした。目の前に広がるすばらしい海、のんびりとした一時、雑踏を離れ、あなたを優雅なホテルライフが迎えてくれるはずです。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ポイプベイゴルフコ−ス

昨年の12月、タイガ−ウッズも出場し、マッチプレイのト−ナメントが開催されたのが、ここポイプベイゴルフコ−ス。海沿いのリンクスコ−スだけあって各ホ−ル、強風が吹き荒れているので距離をあわせることが大変難しい。青い空とコバルトブル−の海にはさまれたロケ−ションは最高だ!運が良ければ、1月〜3月頃にはウミガメも見ることができる。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
潮吹きの穴(駐車場にて)

写真は、潮吹き穴がある駐車場でのもの。ここ潮吹き穴は、溶岩の浜にできた岩穴で、波が打ち寄せると潮を高く吹き上げることで、有名。天候の悪い時や満潮時には、20メ−トルも高く吹き上がることがあるそうだが、残念ながら私達が行った時は、天候も良く、せいぜい上がって5メ−トル程度。潮吹きの穴へは、ポイプビ−チから車で約10分の所にある。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
シダの洞窟への遊覧船

シダの洞窟へは、ワイルア川から出る遊覧船に乗って約30分。遊覧船では、生演奏のハワイアンが鳴響き、フラダンスのレッスンもあるため、より一層のハワイ気分が盛り上がる。また、遊覧船に乗船していると、スリ−ピング・ジャイアントが見えたり、カヌ−に出会えたりとあっと言う間にシダの洞窟に・・・。(遊覧船は、30分から1時間毎に運行している。)

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ワイメア渓谷展望台

ワイメア川が数百万年かけて侵食した、10キロにも及ぶ大峡谷。写真は、ワイメア峡谷展望台で写したものです。展望台までは山道を車でかなり走りますので、事前にお手洗いは済ませておいたようが無難です。また、ワイメア渓谷展望台は標高1,115メ−トルに位置し、かなり肌寒いですので、薄手の上着を持参することをお勧めします。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ホノルル国際空港にて

カウアイ島からワイキキ国際空港に到着。予約していたシャトルバスが来ない為、1時間近く待っていた時の写真ですので、顔も不機嫌そのもの。ス−ツケ−スとキャディバックの2つをカ−トに積んだまま、何百人という日本人観光客がワイキキ街に向け、出発していくのを見送っていました。ようやく、この写真の15分後にバスが来ました。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
クレ−ジ−シャツGET!

アラモアナエリアにあるクレイジ−シャツ アウトレット店からの帰りの写真。さすが、アウトレットの店だけあって、価格は安い。だいたいどの商品も半値近い。それもそのはず、ここハワイ店には全世界のクレイジ−シャツのアウトレット商品が集まってくるからだ。クレイジ−シャツは、ワイキキやアラモアナセンタ−などに多数出店しているが、アウトレット店を覗いてから買うことをお勧めする。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 

 
ド−ルキャナリ−アウトレット

ダウンタウンにあるド−ルキャナリ−は、アウトレットのお店が集まるショッピングセンタ−。残念ながら私たちが訪れた時は、まだオ−プンして間もないせいか?オ−プンしているショップの数も非常に少なく、閑古鳥が鳴いていた。ワイキキからも車で約15分くらいの所にあるので、この近くを通ることがあるなら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょう。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
マカハイ−ストゴルフコ−ス

オアフから車で約1時間の所にあるマカハイ−スト。コ−スは余り広くなく、アップダウンもあるので正確なショットが要求される。ティ−ショットをアイアンで打つなどのコ−スマネ−ジメントさえ、しっかりすればきっと良いスコア−につなかるはず・・・。午後からのスタ−トにすると格安料金でプレイできるのも魅力だ。写真はマカハイ−ストのティ−グラウンドで写したもの。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ワイケレゴルフコ−ス

ワイケレプレミアムセンタ−の直ぐ隣にあるワイケレゴルフコ−ス。コ−スの手入れは良く行届いており、フェア−ウェイから打った時の感触はすごぶる良い。池などをたくみに配置したコ−ス設計も気に入っている。但し、コ−ス全体が赤土の地質地帯に設計されているので、雨の降った直ぐ後や雨の日のプレイは、クラブに赤土がベッタリと付くので、拭き取るのはかなり大変だ。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ワイケレプレミアムセンタ−

ハワイでありとあらゆるアウトレットが取り揃えられているのが、ここワイケレプレミアムセンタ−。広大な敷地には各テナントショップの建物が立ち並び、1日かけても回りきれないほど・・・。敷地内には、無料のトロリ−バスが巡回しているので、上手くそれを利用して回ろう!予め、行きたいお店をチェックしてから出掛ける事をお勧めします。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ワイキキ街の散策

ワイキキシェラトンホテル付近での写真。買物に行こうとカラカウアイ通りをブラブラと歩いた後、海を見ようとワイキキシェラトンホテル方向へ。ハワイの一番好きな所は、Tシャツに単パン、ビ−チサンダルという気軽なファッションで高級ブティックなどへも入っていけること。南国の気候風土も私には合っているみたいで、この島に住めればいいのになぁ−といつも思います。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ワイキキトロリ−バス

ワイキキの名物のひとつとして定着し、クラシックなオ−プン・エアのトロリ−バス。それがワイキキトロリ−だ。ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンタ−から発着するトロリ−バスは、アラモアナ、アロハタワ−マ−ケットプレイス、ダウンタウン、イオラニ宮殿などを巡回しており、今や無くてはならない交通手段だ。実は私達、一度もこのワイキキトロリ−に乗ったことがない。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
マジックオブポリネシアン

いかがでしょう?これがマジックをやっているジョン・ヒロカワさん。片岡鶴太郎さんに似てませんか?冗談はさておき、このマジックオブポリネシアンショ−は名前の通り、マジックとポリネシアンをドッキングさせたユニ−クなショ−です。ジョン・ヒロカワが創り出すイリュ−ジョンの世界は、驚きと楽しさを体験でき、大人から子供まで楽しめるショ−になっています。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 

 
ノ−スショアビ−チ

ハワイと言えば、青い空と真青な海。ここノ−スショアビ−チは高い波が押し寄せる為、いつもサ−ファ達でにぎわっている。また、ここノ−スショアは海ガメの産卵場所としても有名で一目見ようと訪れる観光客も少なくありません。但し、ワイキキみたいに何処を見ても日本人ばっかりということは絶対に無いので、のんびりとハワイを味わいたいというリピ−タ−の方にはお勧めのスポットですよ。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ポリネシアン文化センタ−

ハワイ風土にドップリと浸かれるのが、ここポリネシアン文化センタ−だ。ポリネシアンの島々の生活を再現したエリアで、様々なアトラクションを通して、島民の暮らしや文化を紹介している。特にお勧めなのが、毎晩行われるポリネシアンショ−。迫力ある音楽や踊りなど、どれをとってもすばらしい。このショ−を見終わった後のあなたはショ−の余韻に浸っているはず・・・。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
アロハタワ−・マ−ケットプレイス

1994年にアロハタワ−を囲むようにして建てられた、ノスタルジックな雰囲気を持つショッピングモ−ル。100軒近くある各ショップはどれも個性派揃い。ハワイらしい商品がほしいという方には、是非お勧めのスポットだ・・・。アロハタワ−の展望台は360度見渡すことができるので、見る方向によってはいろんなハワイの顔(景色)が眺められますよ。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
アロハタワ−近隣の港

アロハタワ−の直ぐ隣にある港での写真。このあたりの海は驚くほどきれい!まさにコバルトブル−と呼ぶにふさわしい色だ。ここアロハタワ−付近の港は、ホエ−ルウォッチングや豪華ディ−ナ付きのクル−ズなどの船が発着する拠点となっているところ。ここに来れば、ハワイに来たという実感が沸いてきますよ。

戻る
 ※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
チャ−トハウスレストラン

アラワイヨットハ−バ−にあるチャ−トハウス。シ−フ−ドやボリュ−ムあるステ−キが味わえる。各雑誌などでも紹介されているので、いつも大勢のお客様で賑わっている為、必ず予約をして行くこと。又、予約の際にテラスのテ−ブルをリクエストしておけば、沈む夕陽を眺めながらロマンチックなディナ−になることは間違い無い。お勧めは黒パン、生がきとオニオンス−プ。美味しいです!

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
ゴ−ドンビア−シュレストラン

エススポ−ト(普通)、メルゼン(中濃)、ダンクレス(濃)という3種類のドイツ流自家製ビ−ルが自慢のレストラン。私が飲んでいるのは、ダンクレスで真っ黒のビ−ル。3種類の中でも一番アルコ−ル度が高いそうだが、咽ごしがよく、香ばしい風味でまるでビ−ルじゃないみたい。料理も軽いおつまみからシ−フ−ドまで充実しており、特にガ−リックポテトは、やみつきになる美味しさ。

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。
 
レアレアメンバ−ズカ−ド

これが噂のレアレアメンバ−ズカ−ド。これ一枚あればタ−トルベイホテルに宿泊中は鬼に金棒。ゴルフにテニス、ホテルのレストランの食事にいたるまで、全部このカ−ドを見せるだけ。お金なんて使うことがありませんよ!

戻る
※旅行記にBACKする場合は「戻る」をクリックして下さい。