The Bus Site......
Index
CLlick Here 目的地別ガイド路線ガイド
The Bus
オアフ島で最も手軽な交通機関と言えば、The Busである。ハワイには電車が通っていないので、公共の交通機関として利用されるのは、The Busにほかならない。
何よりわずか$1でオアフ島を1周することができるのだから料金も格安だ。バスの路線や本数も充実しているのでハワイを訪れた時にはThe Busを上手く利用し、行動範囲を広げよう。
このThe Busを乗りこなすことができるよう、乗り方や降り方などからル−ルに至るまでをここでは紹介する。
バスステ−ション
バス停留所には右の写真の看板が掲げられている。ワイキキの中心街にはコンクリ−トでできたベンチや屋根が付いたバス停があるが、郊外になると右の写真にある黄色の看板が木に打ち付けられているだけの所もある。日本のバス停みたいに立派な停留所はないだけでなく、バスの停留所名や時刻表なども一切表記されていないので、目的地に応じた下調べが重要だ。
バス運賃と乗り方、降り方
・バスの乗り方は前方の扉から乗車。大人$1、子供(6〜18才)¢50をお釣が出ないよう事前に用意し乗車する。(バスはお釣を用意していないので・・・)6才未満の幼児は大人同伴なら無料だが、幼児が2人となった場合は1人分の子供運賃が必要となる。
・バスを降りる時は中央の扉と前方の扉の両方から下車することができる。日本のバスのように停留所の停留所のアナウンスがないので自分の目で景色を確認し、下車しなければならない。観光客にとってはこれは至難のわざ!乗車する際に運転手に目的地を伝えておくことをお勧めする。尚、下車の合図は窓際にある金紐を引っ張ると(黄色のテ−プを押すタイプもある)チャイムと共に運転席 上部にある「ストップリクエスト」画面のランプがつく。
バスの時刻表及び定期券の購入
バスの運行時間は主要路線で5:00〜24:00。その時刻表はアラモアナSC1F山側のワイキキよりの建物、ホノルル・サテライト・ストア−内にあるシティ−・ホ−ル(左の写真)で入手することができる。 ここでは、1ヶ月のバスの定期券も販売されており(セブン・イレブンでも購入可)、大人$25小学生〜高校は大人料金の半額と格安なので長期滞在者にはお勧めだ。尚、この定期券は、月初めから月末までの単位で販売されている。又、abcストア−などでは、4日間乗り放題(大人$10)のフリ−パスポ−ト券も販売されている。
トランスファ−・チケット
トランスファ−・チケットとは、乗換え券である。目的地に行くために、バスの乗り換えをしなければならない時、最も近いル−トで2回まで乗換えが無料でできる。日本のバスと違い、路線が変わったなら別料金が必要になるようなことはハワイではない。乗車する時に運転手に「トランスファ−・プリ−ズ」と言えば右の写真と同じ券を貰うことができる。尚、乗換え券の有効時間は1時間で、同じ路線番号のバスに乗り換えしたりすることは出来ません。
The Bus ル−ル
※ 誰もが気持ちよく乗車できるよう、バスのル−ルを守り楽しい旅行にしよう。
1.荷物は膝の上に乗るか、座席の下に入る大きさで、他の乗客に迷惑がかからない物。
2.喫煙、飲食、イヤホ−ンを使用しないラジオは禁止。
3.運転手の横の床に書かれた白線より前に立つことと、走行中は運転手に話かけないこと。
4.バスの前方にある優先座席は高齢者や体の不自由な方のためのもの。ご協力を!
これは便利 The Bus
さすがアメリカのバス!と思わせるのは、車椅子の方でも乗り降りがし易いよう「車椅子のマ−ク」がついたバスには専用のリフトと車椅子が設置できる専用スペ−スが設けられている。体の不自由な方でも安心して乗り降りできるシステムだ。又、正面に巨大なキャリアがついたバスには自転車まで載せられる。何れの場合も運転手が取付けなどの作業を手伝ってくれる。
The Bus情報
■ 日本で予め時刻表などの詳細情報を手に入れたい方→「The Bus 」のHPへ
■ 日本で無料で簡単なバスの資料がほしい方→「ハワイ観光局」のHPへ
■ ワイキキでバス情報を入手したい場合は、「ザ.バス徹底活用ガイド」がABCストア−などで一冊$6.50で販売されている。
■ 日本の書店に於いてもザ.バス専用の本も出版されているので、お求めになるのも良いのかも・・・・。